sort of day

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

「俺」

谷郁雄さんのポエトリーブック(詩と対談集)『旅の途中』のなかに、詩人某のこんな発言をみつけた。引用する。
「俺、詩人って野球のピッチャーのようなものだと思ってるんですよ。ピッチャーというのはみんな同じボールを投げるのに、 スピードも違えば変化球も違うし、球種も全部違う。 だけどルールを守って投げてるし同じボールなんですよ。 詩人もそうで、同じ日本語を書いても、速さが違って、変化球も違うし、フォームまで違うじゃないですか。 ある時期からは、それをすごくイメージしてやってるんですね」

野球は、言葉と似ている...かも知れない。 生活習慣のようにおぼえてしまっているので意識することはないが、 野球には緻密なルールがある。 スリーバントを失敗したらアウト、ファールボールは何度打ってもよいが、 フライを捕球されたらアウト、満塁でランナーが本塁に突っ込んできた場合はノータッチでアウトだが、 塁が埋まっていないときはタッチプレー...などなど。 ややこしいが、ルールそれぞれを吟味してみると無駄なものはひとつもない。 どれか一つでも欠けると野球というゲームが成立しなくなるのでびっくりする。 ルールというものは面白いとおもう。

「問題はスピードなんです。つまり何キロ出てるかが問題で、130キロ以下だったらプロにはなれない。 ....たとえば富士山を見て詩を作りたいとしたら、 富士山をいかにアウトにとるってことがそいつの持ち味じゃないですか。 それを三振なのか、ピッチャーフライなのか、バットを折るのか。わざとボール球を振らすこともできるわけですよ」

紙やパソコンに向かう前から「富士山」がはっきりと見えている詩人はあんまりいないと思うが...笑、 相手が強打者であればあるほど、球を投げるほうにも力量が求められる、ということはいえるかも知れない。 力のあるピッチャーほど自分の持ち味があることも事実で、 持ち味を支えているのはパワーよりも繊細な感受性であることも興味深い。 ぼくはどんなピッチャーになれるだろうか。

「ボールには縫い目があるでしょ。だから「俺」という字にも縫い目があって、 その縫い目に「俺」に対してどう握るかによって回転が変わると思ってるんですよ」

うまいことをいうなあ。

ぼくはこの谷郁雄さんの対談相手、三代目魚武屋濱田成夫なんだけど、 どうしても好きになれない詩人であった。 詩集のタイトル(『君が前の彼氏としたキスの回数なんて三日で抜いてやるぜ』など) がまずついていけないし、 作品といえば徹底的に自分を褒めちぎる自信過剰の大安売りのようなものばかり。 これほど人生に鈍感な人間の言葉が詩人と売り出され、売れている。なんでやねん、であった。

けれどこいつは、ただ者ではないぞ。やっぱり。
「俺」をどうにぎるかでボール(作品)の回転を変えるという発想。非凡である。それは単に作品のスタイルを変えるということではない。 いくつもの真実の自分を持って生きているということなのではないか。 彼の作品が自信過剰の大安売りにしか読めなかったのは、読み手の自分に、複数の「俺」がなかったからかも知れないのだ。

「俺」というボール(縫い目)はひとつだが、それは言葉の「俺」でしかない。投げられた「俺」が俺なのだ。

「ナックルっていうのがあって、ナックルは風によって落ちる場所が違うんですよ。 ...風によって、落ちる場所が違う言葉を作りたいって思ったりする。そのためには言葉の中に風を吹かさなくちゃいけない」
[PR]

by thatness | 2005-04-29 15:31 | 書物
<< フェルメール・クァルテットの素... 温故知新、長崎県美術館へ行こう >>