sort of day

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2004年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧


愛犬と空き地と

わが家の東隣に、30坪くらいの空き地がある。
むかし地元の地方銀行の社宅が建っていたのだけど、いろいろと事情があって取り壊された。 雑草が生い茂りしばらく荒れ放題だったが、母が見るに見かねて開墾(笑)、自分の花畑にしている。 もちろん先方には了解済みで。

わが家の愛犬ナナは、この空き地で遊ぶのが大好きである。
というか休日、ここで愛犬を遊ばせるのが、ぼくの一番の楽しみになってしまった。 朝日を浴びながら、 憑き物が落ちたように空き地を走り回る愛犬。文字通り、生きる喜びを発散させている。 その姿を目で追いつつ、ひんやりした空気の中で熱いモカ系のコーヒーを飲むともう、最高なのである。

唐突だけど、かつてお釈迦様は、人間が生きているかぎり逃れようの無い苦しみとして、4つのことをあげられた。 老いること、病気になること、死ぬこと、そして生きることそのもの。 なんだ、それなら人間も犬も同じではないか。 生きものであればいつかは滅びるし、何かを滅ぼし食っていかなければ生きていけない。 休日の解放感からか、それがニヒリズムではなくて、なにか豊かな発見として感じられる。

ひとを愛すること、おいしいものを食べること、幸せになること。 生きていれば誰でも願うことだけれど、 そのエネルギーが嫉妬や(愛を失うことへの)恐れ、 飢えを必然的に生みだしていく。 仏教の世界ではそのことを業識といって、 人間が避けることの出来ない意識習慣なのだそうだ。 ようするにエゴである。 考えてみてほしい。誰かと誰かが愛しあえば、片思いの誰かは苦しむ。 その2人が結婚すれば、親たちは(小津安二郎の映画じゃないけれど)それなりにさびしい思いをする。
人間の愛の本質は、自己本位のエゴではないのか。 けれどエゴがなければ恋愛もないし、子孫も生まれてこないことになる。 こればかりは、どうしようもないよなあ、と思う。

などと、最近読んでいる仏教や禅の解説書を反芻しながら、 無邪気に飛び跳ねる愛犬の姿を目を細めながら見ていると、 生きる喜びって、エゴとは無縁なここにだってあるじゃないか、という気がしてきた。
うまいコーヒーと愛犬。それだけじゃない。 朝日、空き地に無造作に生える野草やむき出しになった土くれ、枯れ草。 ビニール越しに伝わってくる愛犬の糞の温もり。 ただ感じるだけで気持ちがよく、愛おしくて仕方がない。 つまりは、実存そのものが素晴らしい。ようするに、自分もこの空き地の一部に過ぎないのだ。 言葉にできない、爽やかな自然との一体感。

ぼんやりしているうちにコーヒーは無くなったし、愛犬ももうすぐ鎖につながなければならない。 なにも生みださないし、永遠に続くこともない、ほんの15分足らずの至福。読書や音楽、アートなど、 いわば現実世界ではないイリュージョンが大好きなはずのぼくが、 ただの空き地にはまってしまったのはどういうわけか。 とりあえずはまだ、空き地の実存と「遊んだ」としかいいようがない。
[PR]

by thatness | 2004-11-25 14:57 | ある日

バスで見るひと

クルマを持っていないので、毎日バスで通勤している。
朝はいつもの便。おおむね同じ顔ぶれの大人たち、高校生たちが乗ってきては降りていく。 恥ずかしながら、ついつい顔を覚えてしまうのは、やっぱり異性でありまして...。 これは女のひともたぶん同じで、感じのいい男がいないか、気になったりするんだろうな。
とはいえ、朝からウキウキした気分の社会人なんていないだろう 。ぼくも常用しているクスリの副作用もあって、朝のバスはちょっとつらい。 頭が重かったり、ひどくはないが吐き気があったり。ロマンチックな気分には程遠いのが現実だ。

という感じの毎朝、途中のバス停。ある女性を見かけるようになった。

20代のころに勤めていた福祉施設にいた同僚である。 去年は、いまより10分早いバスに乗っていたので遭遇することはなかったのだけど、今年はタイミングがあってしまったようだ。
女性は目がおおきくて早口。動きもせかせかしていて、動物にたとえればリスかヤマネか、 まあ、そんな愛くるしい小動物系のひとであった。10年以上もたてば、どんなひとでも風貌に変化はあるだろうけど、 彼女、なんと髪が真っ白になっていて、おまけに松葉づえをついている。いったい何があったんだろう?  初めて見たときはびっくりした。しかし、くりくりした目と笑顔は昔のまま。変わっちゃったけど変わっていない...のである。

こういう時むずかしいのは、挨拶をしたものかどうか、だ。ぼくはその職場を気分よく辞めたわけではないので、 ちょっと微妙なのである。

とはいえほとんど毎日顔を見かけるので、目と目が合うことはある。ある日、流れで会釈をしたのだけれど、 くりくりした目でじ〜っと見られたあげく返事は「?」であった。 なんだい、忘れられてるなあ、たしかにそんなに長い間、いっしょに仕事をしたわけじゃないし。ちょっと、ホッとしたりもして。

今日、日曜日。明日からまた早起きだ。

また、あのバス停で彼女を見かけるだろう。スナップ写真をやっているので、 バスに乗ったら左側の席に座るのが習慣になっている。
ときどき、彼女の「?」の視線を感じることがあって、あの時会釈はしたものの、 今となっては視線を合わせるのはむずかしい。お互いが「!」となったからといって、 あまり親しくはなかった職場の同僚同士である。毎朝、どういう気持ちで顔を見合わせればいいのか。 知らぬふりをするのも気まずいしね。

町の狭さと、寝たふりの出来ない自分のナイーブさに自己嫌悪する...今日この頃なのです。
[PR]

by thatness | 2004-11-13 14:56