sort of day

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2006年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧


網戸、ぼろぼろ。

e0038977_2133271.jpg

反省ノ色ナシ
[PR]

by thatness | 2006-07-31 21:33 | 写真

外においでよ

e0038977_23132863.jpg


をいをい
[PR]

by thatness | 2006-07-27 23:13 | 写真

名称未設定断片

地球はほんとにまるいのか。

(ためしにまっすぐ歩いてみる)
[PR]

by thatness | 2006-07-27 23:11 | 名称未設定断片

小日記

数日ぶりに、雨があがった。

まだお日様は出てないが、外に出てみると、庭の金柑の花にアゲハチョウやミツバチが蜜を漁りに来ている。 空き地に足を踏み入れると、鳥や蝉がおもむろに鳴きはじめて、まるでオーケストラがチューニングをはじめたみたいである。 おそらく、これ以上雨が降ることはないだろう。 鳥や昆虫は(気圧が読めるのか?)、天気のことをほんとによく知っている。 雨がつづけて降りそうなときには、決して活動しない。事実なかに戻ってみると、テレビで大雨洪水警報解除のニュースが流れていた...。
きみたちは人間や犬よりもえらい。きっと期待値(希望的観測)というものがないので、正確に行動できるんだろうな。

梅雨もいよいよ終わりに近づいた。
が、油断していると夏もあっという間に終わる。

ギャーティ、ギャーティ。

時間を追いかけず、追いかけられず、潮流にのるようにして夏を過ごしていければと思う。 もっともまだ、一度たりとも成功したことがないが。

ところで、いまNHK総合で、フランスの世界遺産を訪ねてまわる特別番組がオンエアされていますが、ご存じでしょうか。 日曜日にフォンテンブローの森から出発して、パリ、中世の交易都市プロヴァン、巡礼の町ヴェズレー、リヨン、 昨晩ははオランジュという古代ローマ時代の植民都市。 今日はアヴィニョンで、最終日はマルセイユ。ほぼ完全生中継のプログラムなのだけど、とってもおすすめです。

生中継なので移動距離は短いし、内容を深く掘り下げた情報などもかぎられる。 けれど、現地を流れる時間をそのまんま体感できるのは格別だ。カメラワークもわりといい。 とくに火曜日のプロヴァン、水曜日のヴェズレーは最高だった。ゆるゆるである。

見ながら、自分のたった一度だけの海外旅行を思い出した。

中国の雲南省へ。ろくに国内旅行すらしたことがなかったのに、往復のエアチケットだけを確保して飛び出したのだけれど、 異文化の生活圏をたったひとりで歩きまわったは経験は忘れがたい。とんでもないエクスタシーだった...。 観光とは、なにより異質の時間を浴びることなのだと思う。

あと一回でいいから、どこかに行きたいな。
...どこに行くか。これがとってもむずかしい。
[PR]

by thatness | 2006-07-22 01:54 | ある日

小日記

シド・バレットが死んだらしい。
新聞の社会面に記事を見つけたとき、思わず声を上げてしまった。現役の歌手ならともかく、引退してすでに、30年か...それ以上たっていたはずだ。記事になるくらいだから、それだけ影響力の大きい人物だったんだなと思う。

25年前、FMで聴いた「ドミノ」は強烈だった。好きなアーチストの新曲でさえ繰り返し聴かないとアタマにはいらない自分だが、この曲は一発で記憶に残ってしまった。ブライアン・イーノの歌ものなんか、彼の影響がかなり大きいのではないか。手元にあるアルバムはレコードなので、もう10年以上も「ドミノ」は聴いてないが、アタマに焼きついているので聴かなくてもいいかな。(アーチストが耳にしたらむちゃくちゃ落ち込むような言葉です...)

なんというか...われわれ世間は、彼を尊敬しつつもいつのまにか「伝説」に祭り上げ、結果として音楽界への復帰や社会復帰を阻害していたのかも知れない。ドラッグで精神を病み、治療でかろうじて自分をささえていたシド。肉体を失ったら、薬物とは完全に縁が切れる。天才の魂よ、安らかなれと言いたいです。

 ++
さて、お知らせをひとつ。

作る作るといいながら進まなかったサイト開設2周年記念スタバ・タンブラー(8オンス)のオリジナル・ドローイングですが、リクエストを募りたいと思います。いちおう10点程度作りますが、3点すでに差し上げることになっているので、あと7点です。ご希望の方は、サイトのメールフォームか、メアドをご存じの方は直接メールでお知らせください。

また、詩の同人誌『旋律』2006年夏号も発刊されました。
今回はぼくも3篇の作品を掲載させていただきましたが、全体としてなかなか力作が揃ったように思います。こちらもよければさし上げますので、ご連絡ください。

e0038977_1185090.jpg

締め切りました。ありがとうございました。
[PR]

by thatness | 2006-07-13 17:59 | 音楽_rock,others

夏の足音

e0038977_121741.jpg

近所
[PR]

by thatness | 2006-07-12 12:01 | 写真

FM雑文

日曜日はひさびさに青空がひろがった。
台風の影響からか強い南風が吹き、アイスクリームの固まりのような雲がびゅんびゅん流れていく。 まるで、地球の自転を肌で感じているような開放感である。

絵の具と紙屑でぐちゃぐちゃになった部屋を掃除しながら、FMでユーミンと山下達郎のDJを聴いた。 日曜日の午後はFMをのんびり聴くと和むな。どちらのプログラムも面白く、電気掃除機がかけられなくなってしまう。

ちょっとご紹介すると...。

ユーミンのプログラムは「飲料水の特集」だった。 世界各地から取り寄せたミネラルウオーターをユーミンが試飲して、その印象をトークで伝えるというもの。 ありがちな企画なのかも知れないけど、ユーミンは言葉のインスピレーションが抜群にすばらしいひとなので、じつにじつに面白かった。 ただの飲料水の話なのに。

つねづね思うのだけど、ユーミンは相手に何かを伝えようとするとき、目の前にあるものの客観的な描写より、 まず心に生じたインスピレーションを正直に言葉にしようとする。これは簡単なようでとてもむずかしい。 人間はどうしても先入観にたよってしまう生き物だから。

昨年だったか、NHKの新日曜美術館(マチスの特集だった)に出演したとき、「マチスの何がいちばん好きですか」との質問に、 彼女は「...まず名前が好きですね」と答えていた。すごい。
もしおなじ質問をされても、大半のひとはマチスの色彩だのフォルムだのから言葉を拾おうとするにちがいない。しかし「名前」である。 しかもコメントされて初めて、われわれはマチスの色彩とおなじくらい、その名前の響きを愛しているのに気づかされる。 自分のインスピレーションに正直な言葉が、逆説的に物事の本質にするどく迫る...すぐれた表現とは、そういうものなのである。

山下達郎のプログラムは、いつもの「たなつか(棚から一掴み)」特集ではなくて、70年代の日本のロック特集。 先ほどのユーミンと井上陽水、かぐや姫が全盛の頃、こんな素晴らしいアーチストがいましたよ...という。

オンエアされたのは、久保田真琴と夕焼け楽団の「初夏の香り」。 これは、ハワイアン風にアレンジされた、すばらし〜いバラード。 カセットテープで持ってるんだけど、なかなか聴く機会がなく、何年ぶりかで耳にして感動した。J一郎くん、ダビングありがとうございました。
それと古井戸の「らびん・すぷんふる」。古井戸は、仲井戸麗市がRCサクセションに参加するまえに結成していた伝説的なフォークグループ。 はじめて聴いたけど、最高である。いいに違いないと思ってたけど、やっぱりいいな。ラヴィン・スプーンフルに全然負けてない。

そして、四人囃子の「空飛ぶ円盤に弟が乗ったよ」。

四人囃子というと、マニアにはおなじみの和製ピンクフロイドというか、まあそういうレッテルを貼られていたプログレ系のバンドだった。 先入観もあっていままで(だって、プログレだぜ...)まったく触手がのびなかったのだが、すごいすごいすごいいいのである。

サウンドはEL&Pに近いかな。演奏能力は非常に高い。 ...いや、高いとは聞いてたけど(メンバーはいまや日本を代表するスタジオミュージシャン)、こんなにすごいとは。 デビュー当時、彼らはハタチそこそこだったはず。 が、なによりいいのは歌詞だ。シュールでノスタルジックで、まさに70年代!  言葉は視覚的で、物語性も深く、世界がすっとアタマに入ってくる。サウンドに日本語が見事に乗っかっているのだ。 こんなプログレ、世界中どこをさがしても絶対にないだろう。嗚呼、アマゾン(とヤフオク)巡礼は終わりそうにない。

というわけで、気持ちのいい午後はあっというまに消えていった。
トリュフォーの映画ではないが、日曜日が待ち遠しいぜ。
ひとりでラジオを聴くために。

もちろん空は晴れてほしい。



蛇足
++
いわゆる「キャプテン翼世代」。
上には上があるようです。
[PR]

by thatness | 2006-07-12 11:57 | 音楽_rock,others

もしナナが詩人だったら。

e0038977_21254878.jpg


作品
[PR]

by thatness | 2006-07-10 21:28 | 名称未設定断片

出発

e0038977_2293363.jpg

[PR]

by thatness | 2006-07-08 22:10 | 写真

目にとまる。

e0038977_17471955.jpg

S歯科医院
[PR]

by thatness | 2006-07-07 17:47 | 写真